ボディメンテナンスサロン/エステマッサージ/ストレスアイズ マニホッシュ 亀岡

マニホッシュについて

Stress Eyes?ストレスアイズって? ____________

ストレスアイズテクニック画像 ストレスアイズとは・・・

40歳を過ぎた頃から感じ出す体の不調。
体が重い、疲れが取れない、頭がスッキリしない、首や肩の痛み、目の疲れ、ドライアイ、
手足の痛みやだるさ。

これらは、凝り固まった筋肉をほっておいたことで引き起こしてしまい、
姿勢や骨格まで歪ませます。

ストレスアイズは、そんな凝り固まった筋肉をオールハンドで
しっかりとほぐして、ストレッチし、ニュートラルに戻していきます。

施術後は、スッキリとした爽快感と、透明感が得られ、
正しい姿勢へと導きます。
体は、メンテナンスすることで、老化を遅らせ、
生活の質を向上させることができるのです。

Profile of Therapist セラピスト紹介 _______________

長原 香子  Takako Choubara 

長原香子■ ゼネラルマネージャー
STUDIO858 主催   studio858についてはこちら>>
1998年に亀岡の自宅の一室でサロンを開く。
その後、百貨店のジュリークショップのオペレーションマネージャーを務める。
河原町、石塀小路、東京のサロンを運営。雑誌、テレビ取材多数。
2006年HANAKO WESTでエステサロンSPA部門でグランプリ受賞。
美的に関西カリスマエステティシャンのTOP3に紹介される。
医美心研究会の開発した静脈を流す「ヴィノフィスマッサージ」 技術取得。
現在、「ストレスアイズ」の技術を開発。
脇下美容・静脈を流すなどの美容キーワードの先駆けのテクニックとなり、
美容雑誌の話題を呼んでいる。 全国の企業やエステサロンの教育・コンサルティングを行う。




中村 由佳   Yuka Nakamura

中村由佳2015年、2月 オーストラリア シドニーにて 「世界中の腰痛や痛みを無くす」ため、世界を股にかけ、
活動中の 腰痛治療家 Ken yamamoto主催のセミナーを受講。
それ以降、定期的な東北の仮設住宅へのボランティア施術や、痛みを抱えている人からの要請に応え、
日々 奮闘し続けている。 現在まで、実に様々な症状の方を診てきている。

【腰痛、肩凝り、背中、膝の痛みなどの痛みを、直接 患部には触らずリリースします】

その他にも、もともとは精神的、内面的な側面にアプローチし、その人の心のブロックや憤りをリリースし、
その人がその人らしく生きれるようにするセッションを行ってきていますので、そのような ご要望にもお応えします。


植田 喜美子   Kimiko Ueda

植田喜美子フィジオエステティシャン
エレクトロハンド』は 一般的なフェイシャルとはかなり異なります。 お客様の身体にエステティシャンの身体を通して電気的回路を作り、手技による非常に微 細な心地よい電気的刺激(60~70Hz)を感じ ていただきながら、お客様の肌を包み込んでいきます。 皮膚のすぐ下にある表情筋に完全な形でアプ ローチし、ほうれい線、額や眉間のしわをほどきます。深く三つ編み状になったしわを一度 で劇的に消し去ります。 最初は3日程度の持続ですが続けることにより、青春時代の透明感と水が弾くあのハリ感を取 り戻すことを可能とする『現代の魔法』とも云える技法です。 これは機械のちからだけではなし得ないこと。
わたくしども日本フィジカル美容研究所の理念である『ハートという名のハンド』をもっ てするから出来ること。 心のすべてを一人一人のお客様に手を通して伝え、悩みに寄り添い、憂いを包み込む心の エステでもあります。しわで悩んでる方はもちろん、心が少し窮屈になった時などその荷を下ろしに私に会いにいらして頂けると嬉し いです。

京都市出身。「理学美容」の3代目を継承する『日本フィジカル美容研究所』栢 弘子に師事する。
80年の歴史を持つ理学美容の理念を、理論・技術ともに修得。
2014年長年勤務した医療機関を退職し、『日本フィジカル美容研究所yamashina』をオープン。
コンセプトである「ハートという名のハンド」を胸に、心と体を包み込む施術には定評がある。